不満点を失くす為に。Canon PIXUS TS5030を購入してみた。

Canon PIXUS TS5030を購入してみたので簡単にレビュー。

プリンターを新調した。

最近EPSONのプリンターの調子が悪く、紙詰まりが頻繁に起きていた為、新しくCanonのプリンターを購入。

買ったのはCanon PIXUS TS5030。

基本的な機能は揃っているシンプルなモデルだ。

プリンターは基本的にすぐに壊れるものが多く、実際修理代金を出すくらいなら新しいのを買ってしまった方が安く済む事も多い。

なので今回もそんなに高機能で高価なものは買わずにこのモデルを選んだ。

ただそれでも譲れない部分もあった。

それが背面給紙。

背面給紙は奥行きが出る為、スペースを多く取ってしまうデメリットもあるが、今回「紙詰まり」をとにかく解消したかったので背面給紙ができるタイプを選ぶ事にした。

背面給紙のメリットは何と言ってもその紙詰まりが起きにくい。

前面給紙だと用紙をプリンター内で一度曲げるので紙詰まりが起きやすかった。

特に厚めの用紙を使用するともうダメ。 恐らく経年劣化でローラーがダメになってきたからだと思う。

とにかくこの紙詰まりを失くす為にこのPIXUS TS5030を購入した!

箱はプリンター本体の写真が掲載されてる。 今回はブラックをチョイス。

白はなんかオフホワイトで「業務用の色味」な感じだったので好きになれなかった。

こちらが本体!

結構コンパクトなプリンターだ。

大きさは約372×315×126mm。

重さは約5.5kgだけど一回置いてしまえばそう動かす事もないので重さは気にならない。

上にはPIXUSのロゴ。

この背面給紙が今回一番重要視した部分!良いよ!

給紙は普通紙で100枚まで入れられるので必要十分。

前面には3.0型液晶がある。

やはり液晶があるタイプの方が操作性は格段に使いやすい。

他のボタン類も表記や色でとてもわかりやすい仕様になっている。

その他同梱物。

セットアップ用にインクも付属。

実際に使用してみて。

すこぶる快適。

背面給紙おかげでやはり紙詰まりは起きない。

EPSONのプリンターは6色だったので色の再現性に懸念があったけどこれは現実となってしまった。

確かに5色だと色が浅い。

その点は少し不満点だけど許容範囲かな。

まぁどちらにしても背面給紙で6色のプリンターは見当たらなかった。

一先ずEPSONのプリンターのインクがまだ残っているので、それを使い切るまでは2台体制。

通常の普通紙であれば紙詰まりを起こす事もない。

Canon PIXUS TS5030はエントリーモデルではあるものの使い勝手も良好で、機能も十分。









この記事を気に入って頂けましたらぜひシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です