iPhoneは更なるその先へ。iPhone X使用レビュー。

iPhone Xをしばらく使ったので長期レビューをする。

2018年初めにiPhone Xを手に入れた。

iPhone発表から10年の節目で新たなiPhoneへ進む為のモデル。

しばらく使用したのでレビューしたいと思う。

20180214 201704

一番の変化は全画面ディスプレイ。

現在は既にiPhone Xからの新しいモデルであるiPhone XSやPlusサイズで作られたiPhone XS Max、そして廉価版と呼ばれている(そんなに廉価ではないけど)iPhone XRの3モデルが展開されている。

iPhone Xが今までのiPhoneとの一番の違いはやはりホームボタンがなくなり、全画面対応になった事だと思う。

このホームボタンがなくなった事は当初ネガティブな意見も多かった。

しかし実際に手にして少し使っているとあっという間に慣れる。

このあたりはAppleが大事にしてきた「直感性」が生きている。

20180214 201559

気づけばホームボタンがある機種は押し込む事が煩わしく感じるようになってしまった。

それでも改善の余地はある。

1つはコントロールセンター。

画面上部の右側を下す事でコントロールセンターが現れるんだけど、少し頭で考える時間があったり、通知センターが出てきてしまったり、そもそも画面が大きくなったiPhoneで良く使うコントロールセンターが上部からしか引き出せない事が片手で持っている時に少し大変に感じた。

ノッチデザインは好きになれない。

あとはやはりノッチデザイン。

今や多くの企業がこぞってノッチデザインを採用している。

気にならなくなるものの、それでも写真や映像を見る際には少し違和感が残るのは否めない。

これから発表で噂されているGalaxy S10のデザインが画面の中にカメラが入ってくるデザインに進むみたいだが、これの方が気になる感じもする。

それ以外のiPhone Xシリーズのデザインは概ね良好。iPhone 8とXシリーズから復活した背面のガラス仕様は、デザインとしては美しいけどやっぱり落として割るリスクを考えるとあまり好きじゃないかな。

ディスプレイは今回から有機ELディスプレイが採用され、より解像度が増した。

20180214 201617

Galaxyシリーズのコントラストが高い有機ELディスプレイと違ってiPhoneの有機ELディスプレイはコントラストが抑えられてより自然な色味になっている為、見比べないと液晶ディスプレイとの差がわかりづらかったりもする。

ただそれはAppleのこだわりとしてそうしていて実際にGalaxyシリーズの発色の良さは目の疲れには繋がりやすいと思う。

そうすると有機ELディスプレイで自然な色味を表現しているiPhoneも良い。

この辺りは好みが分かれるところだ。

どのiPhoneでもiPhoneはiPhoneだ。

基本的なOSはiOSなのでiPhone SEでもiPhone 8でもiPhone Xでも使用感は前述のホームボタンの有無での使用感以外には変化がない為、iPhone Xが絶対に良いとは言い切れない。

むしろホームボタンがなくなるのは困るという人も多い。

もちろん処理スピードやカメラ性能の改善などブラッシュアップしてきてはいるけど、既にその前の世代でも十分な処理性能があり、高いお金を払ってまでの進化は以前の新型iPhoneに比べると弱いように感じる。

現在のiPhoneのプレゼンテーションを見ても大きなアピールポイントは処理性能とカメラの進化をアピールする事が本当に増えた。

確かにカメラは2つになった事で一眼レフのようにボケ感を手軽に出す事が可能になり、SNS程度にアップする写真としてはとても綺麗で使い勝手が良い。

また新しいシリーズになる毎にレンズも明るくなり、暗所部分でのノイズ低減が進んだ。

この部分は確かにメリットなんだけどその変化を現在のiPhoneユーザーが買い替えるほどのメリットに感じているかどうかという部分には大きな疑問を持つ。

進化は大きいが一番考えるべき点はやはりサイズ感。

それとサイズが大きくなった事も小型iPhoneを愛用している人からすればマイナスポイントになるのではないかと感じる。

今まではiPhone SEの4インチ、そしてiPhone 7や8の4.7インチ、Plusシリーズの5.5インチが展開されてきた。

その全ての機種を使ってきたけど携帯性とトレードオフで大画面に大きなメリットを感じている人にはiPhone Xはとても魅力的な製品だと思う。

更に現在は6.5インチを誇るiPhone XS Maxや6.1インチのiPhone XRが展開されているから大画面が好きな方に関してはiPhone X以降シリーズを何も悩む事なく(価格だけクリアできれば)購入してしまって良いと思う。

一方iPhone SEやiPhone 7や8を使ってきたいわゆる小型iPhoneが好きな方にはこの時点でやはりデメリットが大きい。

全種類試してきて感じたのは確かに大きいサイズのディスプレイは魅力的で所有欲もとても大きく感じる。

だけど使っているうちに画面の大きさにはあっという間に慣れてしまって画面の大きさのメリットよりも端末の大きさのデメリットの方が感じやすくなってしまう。

加えてiPhoneはどんどん重くなってきているので段々と不満が出てきてしまうのが感想だ。

そうすると現時点での自分のベストはやはりiPhone SEや大きくてもiPhone8までが限界かなと思う。

多くの方が待ち望んでるのはiPhone SEでiPhone Xのように全画面ディスプレイになって更にiPhone SEのままのデバイスサイズであれば最高だと思う。

これは本当に期待したい。

そして画面が大きい恩恵を受けたい場合はiPadを所有するのが今のところベストだと感じている。

これから春にiPad mini5が登場するという噂も出ているので今後iPhone SE2が出たらその2台持ちがベストだと思う。

まとめるとiPhone Xはこれからの新しいiPhoneの礎を作った。

操作感も概ね良好で端末の大きさは気にならず画面の大きさを重視している人にはiPhone X以降のシリーズの物はオススメできる。

自分のベストな環境を構築して楽しんでいきたい。









この記事を気に入って頂けましたらぜひシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です