どこでもAIRの力を。AiR CUSHION S長期使用レビュー。

AiR CUSHION Sを長い期間使用したのでレビューしたいと思います。

こんにちは!プロフットバッグプレイヤーの石田太志(@TLOG0405)です。

サポート頂いている西川産業株式会社さんのブランドAiRから展開されている「AiR CUSHION S」を3年ほど使用してきたので使用レビューを書いていきたいと思います。

このクッションの効果は本当に凄いです!

おしり大切。

AiRとは

西川産業株式会社が展開しているマットレスブランドです。

メインであるマットレスや枕も愛用しています。

生活の必需品となった。AiRの枕とクッションが最高すぎる。

2017年9月10日

その他にも高機能ウレタンを使用した様々な商品を販売しているブランドです。

表面が凹凸構造になっていて点と点の間に隙間が確保されるようにし、接触面の血行をさまたげにくくする効果により身体への負担を軽減してくれる製品を開発しています。

今回のAiR CUSHION Sはアスリートの遠征、ビジネスマンの出張など、外泊時のホテルなどで使用する持ち運び用のクッション。主にソファや椅子などで使用します。

持ち運ばなくてももちろん一つの場所で使い続ける事も問題ありません。

とてもコンパクトでトートバッグまで付いているのでいざという時には持ち運びたい商品です。

IMG 5046 2

こちらがAiR CUSHION Sのトートバッグ。

一人用の椅子の面積ほどしかありません。

とてもコンパクトで軽いので僕は海外へもエアーポータブルというマットレスと共に持って行っています。

IMG 5047 2

タグ。AiRのロゴってシンプルながら、ブランドイメージがしっかり反映されていて好きです。

IMG 5056 2

クッションのサイド部分にもロゴが入っています。

座面には入っていないので気になりません。

IMG 5057 2

裏面は滑り止めの加工が施されています。カバーはジップで外せるので洗えます。

IMG 5058 2

表面。

少しスポーティな印象の色味とデザインです。

Portable cushion img04 sp

僕が使っている色は前モデルで現在はより落ち着いた色味が展開されています。

機能面は変わっていないようです。

IMG 5059 2

AiRの特徴である凹凸構造。

この点で支える高機能ウレタンによって体圧を分散し、ずっと座っていても疲れにくく、デスクワークや長時間のドライブ、フライトなどで使用可能です。

IMG 5060 2

ウレタンは高密度で詰まっています。

それでいて硬さはなく、お尻を優しく受け止めてくれます。

どんな時に使ってる?

僕はデスクワークの際には必ず使っています。

何度もこれを使用した時と使用しない時とで座り心地や疲れを確かめました。

やはりこのクッションを使った時の方が圧倒的に楽です。

おしりが痛くならないので長時間座っていないといけない場合などは特に重宝します。

デスクワークの時に加えて運転する時や海外へ遠征する際の飛行機機内でも使用しています。

飛行機機内の時は少し異質な感じで見られますが(確かにそうなるだろうな)長時間の飛行だとこれを使うのと使わないのとでは疲労感がかなり変わります。

AiR CUSHION Sの良いところ

  • 様々な場所に持って行って使用できる。
  • コンパクトで軽量なので持ち運びの際に苦にならない。
  • 長時間座っていられる。
  • 腰への負担も少ない。
  • 耐久性が高く、長い期間使用できる。

AiR CUSHION Sの悪いところ

  • 厚みはあるので初めは違和感がある。
  • 座っているうちに段々とズレてくる。(座面の素材にもよる)
  • 価格は高め。

デメリットは結構少ないですね。

良い商品だと思います。

まとめ

今回はAiR CUSHION Sを紹介しました。

かなり長い期間使用していてAiR CUSHION Lと使い分けています。

どちらも良い商品ですが、持ち運びする際にはAiR CUSHION Sの方がコンパクトに収まるので重宝しています。

AiRのマットレス同様、日頃からの身体のケアに最適ですので気になる方はチェックしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。









この記事を気に入って頂けましたらぜひシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です