足の健康には必須!ビルケンシュトックのサンダルをルームシューズとして。

ルームシューズを新調!

以前、sarasa design storeのルームシューズ「マエストロ」を使用していました。

sarasa design storeのルームシューズ「マエストロ」がかなり良い感じ。

2016年12月10日

このルームシューズも履き心地が良くて気に入っていましたが、ビルケンシュトックのルームシューズにも興味あって今回購入してみました。

外履き用のモデルだけど。

基本的にはビルケンシュトックのルームシューズというと「アムステルダム」というモデルが一般的らしいんだけど試しに履いてみると甲高な僕には足を入れるところが狭く窮屈でした。

そこで店員の方からオススメして頂いたのは「アリゾナ EVA」というモデル。

これは元々人気の高いアリゾナモデルをEVA素材で作られたもの。

サンダルのソールによく使われる素材で洗えるし、軽いし焼却してもダイオキシンを発生させない環境にも優しい素材とのこと。

ソールからベルトまで全て同色で作られているのもシンプルで良いです。

これが最近はルームシューズとしても使っている人がいるとの事で導入してみることにしました。

結果は大正解!

価格が税込4860円と破格ながら、ちゃんとビルケンシュトック独特のインソールを体感できるというのが嬉しい。

箱は簡素。

IMG 6540

デザインが昔から変えていないような歴史を感じるデザイン。

色々な種類のビルケンシュトックのサンダルやシューズ、インソールのイラストがプリントされています。

こちらがアリゾナ EVA!

IMG 6541

オールブラックのシンプルなデザインです。

インソール部分にはサイズとビルケンシュトックのロゴがプリントされています。

IMG 6542

ベルトは人工皮革かと思いきやこちらもEVA素材なんですね。

IMG 6543

穴でサイズ調整する事が可能です。

ベストなサイズ感を実現したくて前後のベルトを何度も調整し直しました。

今は大満足です。

あんまり何度も調整すると傷んでしまいそうです。

に少しシワができました。

IMG 6544

アッパーの外側にもロゴが刻印されています。

特にこちらも色が同色でシンプル。

ソールもビルケンシュトック特有の形がEVA素材で作られています。

IMG 6545

とにかく履いていて心地良い。

実際に履いてみると2本の太いベルトが足をしっかりホールドしてくれて安定感があります。

ルームシューズでも靴を履いている感じ。

最初はなんか裸足の開放感が無くなってしまって失敗したかなーと思ったんですけど履いているうちにインソールも馴染んできて今では室内で履かないと気持ち悪いくらいになっています。

通常のビルケンシュトックのインソール部分は天然ゴム配合のコルクベースにスエードライナーが使用されていて履けば履くほど馴染んでくるのですが、このEVA素材でも十分に足に馴染んできます。

今見てみるとそんなにEVA素材が変形したようには見えないのでむしろ僕の足がこのビルケンシュトックに馴染んでいるのかもしれません。

この考えられたフットベッドの形状がたまりません。

NewImage

特徴的なToe bar、縦横アーチサポートなどによって、理想的な足の姿勢を保つ事ができます。

そして考えられた3つのアーチにより正しい歩行をする事ができます。

中々、歩行に違いを感じることって簡単ではないと思いますが、悪い姿勢での歩行を続けていると様々な体の異変が現れる可能性があるようです。

このアリゾナ EVAはデザインはとても良いのですが、裸足だと少し足裏が蒸れます。

僕は毎回靴下を履いてこのサンダルを履くようにしています。

とても軽くて、もし汚れても簡単に水で洗える素材の手軽さ、そして価格の安さ。

これからの季節に外で使うのももちろん良いと思います。

良い商品を手に入れました。

今後も外履き用にビルケンシュトック使っていこうかな。









この記事を気に入って頂けましたらぜひシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です